メニューを飛ばして本文へ

  • 背景色変更
  • 背景色変更:1
  • 背景色変更:2
  • 背景色変更:3
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

古民家実態調査の報告講演会を開催します!

報告講演会「只見の古民家は何の木でつくられているのか?」

只見町では、町内の伝統的な建築技法や地域文化を再認識し、町内に残る古民家の実態を把握することを目的に信州大学に調査委託を行いました。

調査では、古民家の形態的特徴とその構造材にどのような樹種が使われているかを、実測調査と樹種判定によって明らかにするとともに、木材や茅といった資材をどこからどのようにして運び出したか、といった民家普請をめぐる伝統知識について聞き取り調査を行いました。

只見町ブナセンターでは、平成27年6月から平成30年3月までに実施した一連の調査の成果を速報としてまとめ、特別展示として自然環境・社会文化基礎調査成果報告展を開催しております。

今回の報告講演会では、古民家調査の成果についてお話いただきます。お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

開催日・時間

2018年9月24日(月) 14:00~16:00

場所

朝日振興センター 2階ホール

入場料

無料

成果報告展「只見の古民家は何の木でつくられているのか?」-その建築様式と使用木材種

平成30年度只見ユネスコエコパーク関連事業、自然環境・社会文化基礎調査(古民家実態調査)の成果報告展です。

開催期間

8月11日(土)~10月31日(水)

場所

ただみ・ブナと川のミュージアム  2階企画展示室

※見学には、入館料が必要となります。

問い合わせ先

只見町ブナセンター(ホームページ

ただみ・ブナと川のミュージアム

只見町大字只見字町下2590番地

電話:0241-72-8355 、FAX:0241-72-8356

開館時間:午前9時~午後5時(最終受付は午後4時)

休 館 日:火曜日(祝祭日の場合は翌平日)

入 館 料:高校生以上300円、小中学生200円(20名以上の場合は団体割引あり)