メニューを飛ばして本文へ

  • 背景色変更
  • 背景色変更:1
  • 背景色変更:2
  • 背景色変更:3
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

固定資産税

土地、家屋、償却資産(これらを総称して固定資産といいます)に対し、その資産の持つ価値に応じて負担していただくものです。

納税義務者

1月1日現在、町内に固定資産を所有している人
※この所有者とは、固定資産の課税台帳等に所有者として登録されている人を言います。
具体的には、

  • 土地については、土地登記簿又は土地補充課税台帳
  • 家屋については、建物登記簿又は家屋補充課税台帳
  • 償却資産については、償却資産課税台帳
税額 課税標準額×1.6%
※課税標準額とは、固定資産補充課税台帳に登録された土地、家屋、償却資産それぞれの額をいいます。
免税点 土  地: 30万円未満
家  屋: 20万円未満
償却資産:150万円未満
※免税点とは、登録された課税標準額の合計が上記の金額未満の場合には、課税されないことをいいます。
固定資産の評価 適正な時価をもとに課税するため、3年ごとに評価額を見直します。
※償却資産は毎年減価償却されます。
納税の方法 役場より納税通知書を交付し、納付書により各納期ごとに納めて頂きます。
納期:4月、7月、10月、1月の年4回
台帳の縦覧 課税のもとになる固定資産税の価格を記した課税台帳及び縦覧台帳を、
毎年4月1日から25日(最初の納期限)まで無料で縦覧
することができます。縦覧できる人は納税者です。
※閲覧は随時受け付けています(有料)。

※詳しくは役場町民生活課へ直接お問い合わせください。