メニューを飛ばして本文へ

  • 背景色変更
  • 背景色変更:1
  • 背景色変更:2
  • 背景色変更:3
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

保育所入所のご案内

保育の原理(保育の目標)

子供は豊かに伸びていく可能性をそのうちに秘めている。その子どもが、現在を最もよく生き、望ましい未来をつくり出す力の基礎を培うことが保育の目標である。
このため、保育は次の諸事項を目指して行う。

ア.十分に養護のゆきとどいた環境のもとに、くつろいだ雰囲気の中で子どもの様々な欲求を適切に満たし、生命の保持及び情緒の安定を図ること。

イ.健康、安全など生活に必要な基本的な習慣や態度を養い、心身の健康の基礎を培うこと。

ウ.人とのかかわりの中で、人に対する愛情と信頼感、そして人権を大切にする心を育てるとともに、自主、協調の態度を養い、道徳性の芽生えを培うこと。

エ.自然や社会の事象についての興味や関心を育て、それらに対する豊かな心情や思考力の基礎を培うこと。

オ.生活の中で、言葉への興味や関心を育て、喜んで話したり、聞いたりする態度や豊かな言葉を養うこと

カ.様々な体験を通して、豊かな感性を育て、創造性の芽生えを培うこと。

 保育所は、家庭において十分保育することのできない(保育に欠ける)児童を家庭の保護者に代わって、一般家庭と同様の保育をすることを目的とする施設です。
 管理や運営については、児童福祉法と町の条例規則によって行われます。

保育所へ入所できる基準

保育所へ入所できる児童は、両親がいずれも(両親と別居している場合には児童の面倒をみている者)が次のいずれかの事情にある場合です。

(1)家庭外労働

児童の親が家庭の外で仕事をすることが普通なので、その児童の保育ができない場合

(2)家庭内労働

児童の親が家庭で児童とはなれて日常の家事以外の仕事をすることが普通なので、その児童の保育ができない場合

(3)親のいない家庭

死亡、行方不明、拘禁などの理由により親がいない家庭の場合

(4)母親の出産等

親が出産の前後、病気、負傷、心身に障害があったりするので、その児童の保育ができない場合

(5)病人の看護等

その児童の家庭に長期にわたる病人や、心身に障害のある人があるため、親がいつもその看護にあたっており、その児童の保育ができない場合

(6)家庭の災害

火災や、風水害や、地震などの不幸があり、その家庭を失ったり、破損したため、その復旧の間、児童の保育ができない場合
※なお、保護者が求職中でも入所申込ができます。

保育所の名称

名称所在地定員電話番号
只見保育所 只見町大字只見字雨堤1056番地の2 60名 0241-82-2219
朝日保育所 只見町大字黒谷字上野 260番地 60名 0241-84-2038
明和保育所 只見町大字小林字七十苅600番地 60名 0241-86-2249

保育時間

月曜日~金曜日は午前8時30分から午後5時30分まで、土曜日は、午前8時30分から正午までです。
但し、特別の事情があると保育所長が認めた場合は、変更になります。
早朝の保育は、午前7時30分から実施しています。
夕方の延長保育については、ご相談に応じます。
但し、事情によっては保育が実施できない場合もありますのでご了承ください。
※ 日曜日、祝祭日、年末年始は休みです。

休所・退所について

入所中の児童が疫病、その他やむを得ない事由によって、その月の16日以上を休所すると保育料が減額されます。「休所届」は保育所へ提出してください。
また、転出その他の事由で退所されるときは、「退所届」を退所予定の10日前までに保育所へ提出してください。

募集対象児童

4月1日現在満1歳以上の児童で、保護者が仕事などをしているために保育ができない児童。

募集期間

毎年12月1日(水)~翌年の12月28日まで
※ 定員以上の申込があった場合は、選考基準によって選考します。

中途入所について

毎月20日(休日の場合は翌日、土曜日の場合は翌々日)に受付を締切り、審査の上、翌月の1日(休日の場合は翌日)から入所となります。
※ 中途入所の場合、年齢を基準にする日は入所する日なので、満1歳に到達次第入所することができます。

提出書類

※ 昨年度提出された入所申込書の「保育の実施を希望する期間」が、単年度(平成16年度だけ)でなかった児童については、今回申込をする必要はありません。
※ いずれの場合も「保育申告書」は提出してください。

入所の承諾については、審査のうえ3月上旬までに通知します。

保育料について

前年(1月~12月)の所得に対する所得税額及び当年度分の町民税額及び固定資産税額(保護者の父母分のみ)によって算定します。
また、税額が確定する前の4月~6月までの保育料は仮算定し、7月に本算定の上、4月にさかのぼって追加納付していただくか、還付いたします。

保育料の減免について

 入所中の児童が、伝染病により月4日以上(休日を除く)連続して休所した場合、日割りにより減免が受けられます。減免申請書を翌月10日までに提出してください。

一時保育について

保護者の育児疲れ解消や急病、冠婚葬祭、仕事等で家庭での育児が困難になった場合、申請により、一時的に児童を預かり保育をいたします。対象は満2歳以上の児童です。

「すこやか広場」について

保育所では、ならし保育はなるべく短期にするため、各保育所で「すこやか広場」を利用していただくことにより、できるだけ早く保育所生活に慣れるように配慮しています。
 なお、詳しくは各保育所までお問い合わせください。