メニューを飛ばして本文へ

  • 背景色変更
  • 背景色変更:1
  • 背景色変更:2
  • 背景色変更:3
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

土壌モニタリング調査結果

1.農用地土壌放射性物質調査

全町から抽出したほ場の耕土について、ほ場内より耕土表面より15cmまでの深さの土を、
5点採取・混合したものを、ゲルマニウム半導体検出器を用いた分析機器で測定を行いました。
調査の結果は下記のとおりです。

平成23年度農用地土壌調査結果(PDF)

平成24年度農用地土壌調査結果(PDF)

平成25年度農用地土壌調査結果(PDF)

平成26年度農用地土壌調査結果(PDF)

※「(○○未満)」と表記されているものは、検出限界未満のものです。

【参考】
農用地にすきこんでよい肥料の基準値  400Bq/kg

2.山林土壌放射性物質調査

全町から抽出した山林土壌について、地表面の落ち葉を除去した土壌表面より、
0~5cm、5~10cm、10~15cmの深さの土およびサンプル採取地点付近の落ち葉等の表層堆積物を、
ゲルマニウム半導体検出器を用いた分析機器で測定を行いました。
(土壌は10m対角線のエリアを設定した中で、5地点採取による)
調査の結果は下記のとおりです。

平成25年度山林土壌放射性物質調査結果(PDF)

【森林総合研究所の調査結果について】

  平成23年~平成25年において、独立行政法人森林総合研究所が主体となって川内村、大玉村、只見町の山林の放射性物質調査を行っています。平成25年度結果については以下のとおりです。(数字はBq/kg)

区  分

川内村(川内スギ林)

大玉村(大玉スギ林)

只見町(只見スギ林)

落葉層

113,000

13,800

3,380

土壌0~5cm

38,300

4,180

661

土壌5~10cm

1,700

311

69

土壌10~15cm

1,170

141

19

(上記データの引用元)

平成26年4月1日農林水産省プレスリリース「森林内の放射性物質の分布状況調査結果について」添付資料

平成25年度森林内における放射性物質の分布状況調査について より抜粋

3.関連情報

福島県公式ホームページ(放射性物質関連)

農林水産省ホームページ(放射性物質関連)

林野庁ホームページ(森林内の放射性物質の分布状況調査結果について H26.4.1プレスリリース)

お問い合わせ先

農林振興課 農政係

〒968-0498
福島県南会津郡只見町大字只見字雨堤1039番地
TEL.0241-82-5230
Fax.0241-82-5235
E-メール.nourin@town.tadami.lg.jp