只見ユネスコエコパーク推進協議会

只見ユネスコエコパークについて

只見ユネスコエコパークの位置、土地管理(ゾーニング)区分

只見ユネスコエコパークの位置

只見ユネスコエコパークの位置

只見ユネスコエコパークの土地管理(ゾーニング)区分

只見ユネスコエコパークの土地管理(ゾーニング)区分

只見ユネスコエコパークの面積、規制、法的根拠

土地管理区分
(面積)
対象地域 土地管理の規制 区分の根拠となる既存法制度
核心地域
(3,557ha)
■森林生態系保護地域の「保存地区」(重複する越後三山只見国定公園の「特別保護地区」と「特別地域」の一部を含む) ■原則立ち入り禁止 ■国有林野の管理経営に関する法律(保護林)
■自然公園法(国定公園)
緩衝地域(A)
(8,380ha)
■越後三山只見国定公園の「特別保護地区」(重複する森林生態系保護地域の「保全利用地区」の一部を含む) ■原則として、調査研究・モニタリングのみが可能 ■自然公園法(国定公園)
■国有林野の管理経営に関する法律(保護林)
緩衝地域(B)
(42,953ha)
■核心地域、緩衝地域(A)以外の国有林
■核心地域に隣接する「町有林」「財産区有林」
■生態系の価値を損ねない形での活動を奨励
■調査研究・モニタリングが可能
■地元住民による伝統的な山菜・キノコ類の採取慣行は可能
■国有林野の管理経営に関する法律(保護林、緑の回廊)
■自然公園法(国定公園)
移行地域
(23,142ha)
■核心地域、緩衝地域以外の山林原野、農耕地、居住地 ■自然環境保全に対しては、努力目標であって、法的拘束力はない ※1
■自然公園法(都道府県立公園)
■山村振興法
■過疎地域自立促進特別措置法
■うつくしい只見町の風景を守り育てる条例
総面積
(78,032ha)
只見町全域および檜枝岐村の一部

※1:移行地域はその区分の根拠となる法制度ではなく、当該域内の活動に関係する主な法制度を示しています。