只見ユネスコエコパーク推進協議会

ユネスコエコパークとは?

ユネスコエコパークの構造
(3つのゾーニング:核心地域、緩衝地域、移行地域)

ユネスコエコパークは、3つの目標を効果的に実行し、「自然環境と人間社会の共生」を実現するために 3 つゾーニング(地域区分)を行い、管理されることが特徴です。

核心地域

景観、生態系、生物種、遺伝的多様性の厳格な保護・保全を目的に設定されます。守るべき自然環境・生物多様性が対象となり、法律やそれに基づく制度等によって長期的に保護が担保される必要があります。

緩衝地域

移行地域の人間活動から核心地域を保護することを目的に核心地域の周囲に隣接して設定されます。核心地域に悪影響を及ぼさない範囲で、持続可能な、地域資源を活かした活動(エコツーリズム、学術調査研究、教育・研修 など)が行うことができます。

移行地域

人間の生活圏が対象となります。自然環境・生物多様性に配慮した産業活動や生活により持続可能な地域の社会経済的発展を目指す地域です。

図:ゾーニング図