メニューを飛ばして本文へ

  • 背景色変更
  • 背景色変更:1
  • 背景色変更:2
  • 背景色変更:3
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

只見町のブロッケン現象

ブロッケン現象皆さんは只見町の「ブロッケン現象」という不思議な現象をご存知でしょうか?
夏の朝、霧がただよう只見川の川面にうつった自分の影に虹の後光がさすんです!!
普通は、高山や飛行機の中から、たまにしか見られない貴重な現象です。
こんなブロッケン現象を、しかも平地で見られるのは只見だけでは・・・!!

ブロッケン現象とは?

ドイツのブロッケン山(1142m)でよく見られることからこの名前がつきました。
古くは「ブロッケンの妖怪」とも呼ばれ、英語では「グローリー」とか、日本では「御来光」とも言われています。
霧がたちこめるような高山で、日の出や日没時に太陽を背にして立つと、全面の霧や雲に投影された自分の影の周りに虹の輪が浮かびあがる現象のことです。
日本では「御来光」といって、阿弥陀様が光背(こうはい)を背負ってあらわれたものとして信仰されました。
昔、飯豊山の参拝者が、高山でご来光があらわれると、仏様に出会えたといい大変ありがたがったと言います。

なぜ只見川でブロッケン現象ができる?

上流の只見ダムから流れてくる只見川は水はとても冷たいので、夏には川霧が出ます。
そこに朝の太陽光線があたると、自分の影のまわりに虹の輪ができるのです。
後光のような光輪は、太陽が霧の中の水滴によって回折し、反射することによりあわられます。

ブロッケン現象が見られる時期

7~8月の午前6時ころから午前8時ころまでです。
ただし、次の2つの条件がそろわないと見られません。

  1. 川霧がでていること
  2. 直射日光が自分の背後から当たること

前日の気温が高く、当日は早朝から川霧があってよく晴れれば必ず見られます。
※当日の霧や太陽の状態で、出ない時もあるので、すぐに見られなくても30分くらいは余裕を持ってください。

夏の只見湖只見湖の霧
夏の只見湖 只見湖の霧

ブロッケン現象が見られる場所

只見湖と、只見川の町下橋、常盤橋で見られます。

万代橋でも見られますが、現在は豪雨災害の影響で通行止めです。
※車の通りが多い橋の上での観察は危険ですので、十分ご注意下さい。

只見町内で見られるブロッケン現象

只見川に架かる橋の上から只見川に架かる橋の上から
只見川に架かる橋の上から 只見川に架かる橋の上から
只見川に架かる橋の上から只見川に架かる橋の上から
只見川に架かる橋の上から 只見川に架かる橋の上から

人工ブロッケン現象

実は、このブロッケン現象。
只見では、人工的にも見ることができるんです。
それもなんと真っ暗な夜に!
まさに人工ブロッケン!
少し分かり難いですが、こちらがその写真。
霧が濃い夜に、車のライトを背にして自分の影をつくると・・・

只見川沿いの道路で只見川沿いの道路で
只見川沿いの道路で 只見川沿いの道路で