メニューを飛ばして本文へ

  • 背景色変更
  • 背景色変更:1
  • 背景色変更:2
  • 背景色変更:3
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

渓流・鮎釣り

只見の釣り

只見の釣り只見町には太公望をうならせる釣り場が町内のあちこちに。
渓流釣りは4月から9月まで。黒谷川や叶津川ではイワナ釣りに興ずる人々で賑わう。
また田子倉湖ではイワナの大物が期待できるとか。
そしてアユ釣りの解禁が7月中旬。
この日を待ちわびた太公望たちの釣り糸を垂らすのどかな姿が伊南川に見られる。

町の魚

町の魚本州河川の最上流に棲むイワナは只見町の魚にも指定され、町内では養殖もされています。

釣れる魚

小川沢

小川地区を流れる沢で、伊南川に通じる。

伊南川(いながわ)

尾瀬を源流に、南会津西部全域を通り、只見町の中心部で只見川と合流する。毎年7月第3日曜日にアユ解禁。国道289号沿いに遊歩道があり。コイ、アユが釣れる。

一の坪魚淵(いちのつぼうおぶち)

黒谷川が伊南川へ注ぎ込むあたりの深淵で、川の両岸には様々な形の奇岩がそびえる。見ごろは春先の藤、秋の紅葉がおすすめです。このポイントで釣れる魚はアユ、イワナです。

叶津川(かのうづがわ)

浅草岳の雪どけ水が流れる川で、水温が低いために、アユも成長できないという。一方、イワナは上質のものが生息する。

黒谷川

会津朝日岳の雪どけ水を源流に、夏でもかなり冷たい。水質もよく、川遊びができる川。カジカや岩魚の宝庫。

只見川

尾瀬ヶ原を源流とし阿賀川と合流する川で、奥只見ダム、田子倉ダムを満たす。コイ、マスなどが釣れる。

詳しいMap(GIF)

解禁日情報

  • 4月1日より岩魚が解禁。
  • 漁期は6月下旬頃迄。 
  • 5月上旬から8月中旬までの渓流岩魚釣の最盛期、白戸川上流で30cm以上の大物がヒット。
  • 伊南川のアユの解禁日は7月中旬です。
  • 5月中旬から鯉、ハヤ釣り。
  • ボート免許をお持ちの方に貸しボート有り。貸しボート、送迎15000円~20000円。

※詳しくは、伊北漁協(0241-82-2376)

4月1日より解禁となりますが、田子倉湖、只見湖を除く支流ではウグイのみ採取・捕獲が禁止となっています。(平成25年4月1日現在)

入漁料(伊南川のあゆ)

伊南川のあゆ釣り

※年釣り12000円 (写真添付2.5cm×3cm)
※日釣り券3000円(解禁日から3日間)、4日目以降2,500円
※現場売り加算額500円増しオトリあゆ 1尾500円(養殖)地もの時価 (消費税 内税)
※入漁券は各支部の取り扱い表示のあるところでお求め下さい。
漁法 期間を通じ友釣りに限る。リールの使用を禁止いたします。
さし網 9月1日正午解禁

あゆ放流量(23年のデータ)

湖産:400K
人口苗種:400K

その他の魚(伊北漁協)

魚種漁具・漁法遊魚料販売場所

ウグイ
ワカサギ
竿釣 1日600円 組合事務所または取扱所
1日900円 遊魚現場
1年4,500円 組合事務所または取扱所
船釣 動力船持込1年15,000円 組合事務所または取扱所
動力船持込1日3,500円
無動力船持込 1年7,500円
無動力船持込 1日1,700円
イワナ
ヤマメ
竿釣 1日1,000円 組合事務所または取扱所
1日1,500円 遊魚現場
1年4,500円 組合事務所または取扱所
船釣 船持込 1年15,000円 組合事務所または取扱所
船持込 1日3,500円
無動力船持込1年7,500円
無動力船持込1日1,700円
全魚種 船釣り同乗者 船持込同乗者1人につき、動力船、無動力船ともに、組合事務所または、取扱所にて600円、遊魚現場にて900円。

※「取扱所」とあるものに関しては、宿泊される民宿・旅館までお問い合わせ下さい。