メニューを飛ばして本文へ

  • 背景色変更
  • 背景色変更:1
  • 背景色変更:2
  • 背景色変更:3
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

イワナ

渓流の最上流域に生息し、あくまでも清列な流れだけにひそむイワナは、釣り人たちの憧れの的。美しい川が少なくなった今では、「幻の魚」と呼ばれる。只見川に注ぐ渓流には、手つかずの自然が残っており、格好の穴場となっている。魚影の濃い田子倉湖では70cmから80cmの大物のイワナが棲んでいるといわれている。イワナは只見町の魚に指定されている。
イワナは流れの様子や岩の位置などを検討し、イワナがいそうなポイントを見極める。一般的にいって、川虫などの餌が流れてくるところ、身を隠す安全な場所のあるところに潜んでいます。落ち込んだ水が逆流して巻き返している地点や、大きな岩の後ろに潜んでいる。